カリキュラムについて

教養科目

他者への思いを基盤に、自身の価値観や社会への問題意識を醸成します。

また、日本語、英語、パソコン等によるコミュニケーション能力の向上を図ります。

  • キリスト教概説 憲法
  • 時事問題 生活科学
  • 保健体育Ⅰ・Ⅱ
  • 英語コミュニケーション
  • 情報機器の活用 文章表現

教科に関する科目

保育者となる学生自身の音楽的、美術的、運動的感性・技能を高めるとともに、こどもたちが楽しんで活動できるよう具体的に学びます。

  • 音楽Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 図画工作Ⅰ・Ⅱ
  • 体育 児童文学
  • 生活科

教職に関する科目

教育の現場を知り、教師とはどうあるべきかを学びます。

  • 教職概論

教育の基礎理論に関する科目

教育・保育の意義、目的および児童福祉等との関わりを理解し、保育士・幼稚園教諭の専門性、こどもに適した発達援助を行う実践力を修得できるようにします。

  • 教育原理 保育原理
  • 保育者論 保育の心理学Ⅰ・Ⅱ

教育課程および指導法に関する科目

保育内容の各領域(5領域)からこどもの姿、保育者の働きかけの意味を学び、それらを踏まえた上で、こどもの発達段階に応じた保育計画の立案、実践について考えていきます。

  • 保育課程論 保育内容総論
  • 保育内容(言葉、人間関係、環境、表現Ⅰ・Ⅱ)

総合演習

2年間で学生が身につけた保育者としての資質や能力について、自己の課題を確認し、就職後、保育者としての歩みを円滑にスタートできるようにします。

  • 教育保育実践演習

保育の本質・目的の理解に関する科目

社会福祉について基本的な知識を身につけると同時に、自分の中に人間観、保育観、福祉観、あるべき保育者像を確立していきます。

  • 社会福祉 相談援助
  • 児童家庭福祉 社会的養護

保育の対象の理解に関する科目

こどもたちの心身の発達に、心理学的、保健学的、栄養学的見地からアプローチします。

  • 子どもの保健Ⅰ・Ⅱ 臨床心理学
  • 子どもの食と栄養 家庭支援論

保育の内容・方法の理解に関する科目

乳児保育の理念、児童の権利擁護や保育士等の倫理について、具体的に学びます。さまざまな障害について理解し、障害のあるこども、保護者への支援についても学びます。

  • 乳児保育 社会的養護内容
  • 障害児体育

保育教材・教具等に関する科目

保育現場ですぐに生かせる教材を製作し、演じ方を学びます。より多くの教材を知ることで、実習や就職後の自信になります。モンテッソーリ、フレーベル、シュタイナーの教具や遊具等を実際に用いて学びます。

  • 保育教材研究A・B・C
  • モンテッソーリ教育概論
  • フレーベル教育概論 キリスト教保育

教育・保育実習に関する科目

幼稚園・保育園・児童福祉施設で、こどもたちと直接ふれあい、現場の先生方からご指導いただくことにより、保育技術はもとより、日々一瞬一瞬の保育実践の大切さ、保育者のこどもたちへの思いなどを学びます。

  • 幼稚園実習Ⅰ・Ⅱ 実践研究Ⅰ
  • 保育園実習Ⅰ・Ⅱ 実践研究Ⅱa
  • 児童福祉施設実習Ⅰ・Ⅱ 実践研究Ⅱb

プラクティカルスタディ

保育者の仕事、保育者としての姿勢を学ぶために敷地内にある幼稚園・保育園での保育を体験することができます。
時間割に設定されているほか、学生個々の空き時間を利用するなど、積極的に実践的な学びを行います。

タイトルとURLをコピーしました